所有者不明土地について

賃貸の田中です。

相続時に登記されずに所有者が不明のままの土地が
増え続けているのはご存知でしょうか。

今後は更に人口減少による拡大も予想されていて、

40年後には、なんと!約720万ヘクタールまで拡大予想されているんです!!
これはなんと北海道の9割にあたるのでビックリ!!

これを問題視した国交省は、

相続登記の義務化、
土地の所有権を放棄する仕組みづくり、
所有者立ち合い一部不要・・・等を行い、
不明土地の拡大を抑える方向だそうです。

個人的には、本当に山林や、利用価値の無い土地の所有を

放棄させてくれるのかなんだか不安感はあります。。。

また、既に発生した所在地不明の土地に関しては、

特別措置法というのがが成立しました。

市町村や、民間企業、NPOなどが、

公園やイベント広場、駐車場、農産物の直売所などに使用できるよう

最長10年の利用権設定があるそうです。

これが、うまくいけば地域活性化がするんではないかなぁと

期待できそうですね^^

2018年6月8日

エリアから探す

保証人・連絡人が誰にも頼めない!とお困りの入居希望者様

ページトップへ